読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

キャプテン5巻(著者:ちばあきお)感想ネタバレ注意!あらすじ・谷口君から引き継いだ丸井君は春の選抜での雪辱を果たすため新入生の近藤君をピッチャーに…。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

本のタイトル:キャプテン 第5巻 著者:ちばあきお 一言感想:墨谷2中の快進撃!

このキャプテンというのは野球漫画です。墨谷2中の野球部のキャプテンを谷口君から引き継いだ丸井君は春の選抜での雪辱を果たすため新入生の近藤君をピッチャーに起用し、予選大会を順調に勝ち進みます。決勝戦まで勝ち残った墨谷2中の相手はそこまで2軍で勝ち抜いてきた名門青葉学院でした。決勝戦まで相手打線をずっとノーヒットに抑えた来た近藤君があっさり打たれ1回表に2点を先制されます。

しかしその裏墨谷2中は相手エースの佐野君をとらえ4点を取って逆転します。その後はお互いに好守備を見せあって9回まで4-2と2点のリードを保ちます。9回表の青葉学院の攻撃で3点を取られてついに5-4と1点をリードされます。ここで墨谷2中は近藤君が降板しイガラシ君が登板します。後続を抑えて9回裏の攻撃に入ります。相手エースの佐野君を引きずり下ろした墨谷2中打線は同点に追いつき試合は延長戦に突入します。青葉学院の猛打線を延長18回まで0点に抑えた墨谷2中は延長18回の裏にヒットで出た丸井君を1塁において4番イガラシ君のサヨナラ2ランで見事に勝利を収めます。しかしこの試合で全ての戦力を使い果たした墨谷2中は全国大会を棄権せざるを得ない状況になっていました。この5巻は丸井君の後のキャプテンにイガラシ君がなったところで終了しますが青葉学院との壮絶な試合は見ごたえ十分でありました。