読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

3ポイントシューター三井寿が最高にカッコイイ!SLAM DANK (スラムダンク)/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ。 #漫画


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

SLAM DANK (スラムダンク)

最終回の簡単な内容紹介、あらすじ。

インターハイ2回戦でまさかの最強の山王工業と激突。誰しもが常勝軍団の勝利を確信する中桜木、流川擁する湘北高校が奇跡の勝利を飾るストーリーです。バスケットボールという実力差から番狂わせの起きにくい競技で、湘北チームの個性が化学反応を起こし逆転勝利したシーンは興奮して何度も読み返してしまいました。
奇跡の勝利の興奮冷めやらぬ中、3回戦ではあっさり負けてしまい突然終わってしまうのですが。その後の展開を読者に妄想させるような最高傑作でした。

好きだった登場人物、キャラクターに関して。

3ポイントシューター三井寿が最高にカッコイイ!グレてしまいブランクが空いてしまった為スタミナ不足ながらも、全中MVPの才能と根性で切り開く様は男でも惚れる所以でしょう。あとは山王工業沢北です。おそらく日本では一番上手い選手で湘北高校に圧倒的な差を見せつけた人物です。逆に日本代表として応援したらとても心強いと思いました。

最終回を読んで(見て)思ったこと、感じたこと、考えたことなど感想。

最終回を読み、天才と初心者、努力家など様々なキャラクターが活躍しどの行動にも説得力を感じました。読者の中でも個性あふれる登場人物の誰かに性格が当てはまり感情移入した方も多いんではないでしょうか。漫画という静止画の中でこれだけスピーディーなスポーツを題材にしまさに目の前で観戦している感覚に驚愕しました。これだけの真剣勝負に試合中は笑える要素もたくさん散りばめられており、ふざけているのではなく鮮明にキャラクターの真面目さに笑ってしまう一面も良い意味で漫画的笑いと感じました。
最後は登場人物のその後をあっさり描いておりますが、今後のストーリーの続きも早く見たいと思いもう20年も経ってしまいました。