読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ケンガンアシュラ19巻【感想ネタバレ注意!あらすじ】超凄い空手による化け物退治に圧巻。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ケンガンアシュラ19巻 原作サンドロビッチ・ヤバ子 作画だろめおん 超凄い空手による化け物退治に圧巻

格闘技漫画には大きく分けて2種類あります。一つは実在する格闘技をリアルに描写したもの。もう一つは架空の格闘技や気や特異体質などを前面に出したファンタジーなものです。ケンガンアシュラはリアルとファンタジーの割合は半々くらいですが、19巻の2試合ともリアルタイプの闘技者とファンタジータイプの闘技者の戦いとなりました。特に黒木玄斎は〝魔槍〟とか二つ名がついていますが、実態は「超凄い空手」です。

しかし、その空手の完成度と長年の経験と知識から作品屈指の化け物を破った黒木。巨大なモンスター相手に刀一本で戦う戦士のようにかっこよかったです。そしてその黒木にボコボコにやられて行方不明となっていた理人ですが、その黒木に弟子入り志願したことが分かりました。作品内の描写を見る限り、理人は特に特定の格闘技を習っていたわけではないようです。王馬との対戦からトーナメントまででもいくらかパワーアップしていましたが、これは独学での特訓と、SH冷凍の社長として雇った仁王の駒田とイワン・カラエフとのスパーリングによるものでしょう。言っては何ですが作中において2軍のメンバー相手の特訓でここまで戦えるようになる理人の潜在能力は高いのではないでしょうか。指のピンチ力による斬撃を得意とする理人と怪腕流は相性もよさそうだし、今後の展開に期待です。