読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

感想・書評「とんでもスキルで異世界放浪メシ2巻 著者:江口連 イラスト:雅」ネタバレ注意・小説投稿サイト『小説家になろう』出典のライトノベル(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』2巻 著者:江口連 イラスト:雅

小説投稿サイト『小説家になろう』出典のライトノベルです。『小説家になろう』でも人気が高い作品の1つで、既に1巻、2巻共に重版が決定、3月よりwebコミック誌『コミックガルド』にてコミカライズ連載も開始されています。
本作の主人公は、異世界からの勇者召喚に巻き込まれ、剣と魔法のファンタジー観溢れる異世界へやってきたサラリーマン、向田剛志ことムコーダ。召喚した国王達の態度などから、「何も知らない異世界人を悪い意味で利用するタイプの召喚」だと看破したムコーダは、自分が勇者ではないことと、手に入れたスキルも戦闘スキルではなかったことを理由に国を脱出。比較的安全な別の国で、手に入れたスキルを利用して生活していこうと考えます。ちなみに、彼のスキルは「ネットスーパー」といい、この世界のお金で元の世界の品物を購入することができるという摩訶不思議なものでした。この世界で売買しても問題無いものを使って、商人として暮らしていこうとしたムコーダでしたが、伝説の魔獣と呼ばれているフェンリルが彼の従魔となったことから、運命が変わっていきます。
1巻では彼が作った料理につられて、フェンリルことフェルが強引に彼の従魔となったことから、運命が変わっていく様が描かれました。フェルによるスパルタ式訓練を受けさせられたり。フェルに加護を与えた女神ニンリルが、ムコーダがネットスーパーで取り寄せる甘味が欲しいあまり、彼に加護を与える代わりに甘味を捧げることを強制したり。スライムのスイが二番目の従魔になったりと、平穏に暮らしたいというのがムコーダの希望なのですが、現実にはどんどん平穏から外れていきます。
そして2巻ですが、1巻の最後で賊に襲撃されたところを救助した商人のランベルトと共に、カレーリナという街へ入るところから始まります。冒険者ギルドでの依頼を受けたり、大食漢のフェルとスイに食べさせる肉を得るために魔獣を狩ったり、また、商人のランベルトと知り合いになれたことを活かして、石鹸やシャンプーなどを売ってみたりと色々と頑張っています。しかし、現実には本来高位の冒険者が数十人がかりで倒せるかどうかという強力な魔獣を(フェルとスイが)あっさりと仕留めてきたり、この世界では手に入らないような素晴らしい品質の商品を提供するものだから、次第に重要人物として見られるように。本人はただ平穏無事な生活を送りたいだけなのに、どんどん違う方向へ行ってるのですね。なのに、本人は今一つそれがわかってない。そのギャップがこの作品の面白さの一つです。
2巻のもう一つの注目点は、新たなキャラクターの登場です。前巻でムコーダに甘味を献上させるようになった風の女神ニンリルですが、とうとうそのことが女神仲間にバレてしまいました。そして彼女達もムコーダ達に加護を与えることと引き換えに、ムコーダの世界の品物をねだります。女神達の名は、土の女神キシャール、火の女神アグニ、水の女神ルサールカ。結局ムコーダはニンリルも入れて4柱の女神に供物を定期的に献上することになります。
そして3番目の従魔として、ピクシードラゴンのドラちゃんが加わりました。理由はフェル達と同じく、ムコーダの作る料理につられてのこと。ムコーダの料理はネットスーパーで購入する調味料を利用して作るもので、本人は簡単なものばかりと言ってますが、その腕前はなかなかのものです。しかも、この世界の料理のレベルは元の世界に比べると大分落ちるので、女神様達やフェル達魔獣も含めたこの世界の住人達から見れば、ムコーダの料理は本当に絶品なのですよね。実はムコーダの料理も何気にこの作品の見どころの1つです。タイトルにも「メシ」が入っているように、「飯テロ小説」とも呼ばれています。魔獣の肉を使っている以外は、家庭で作れる料理がほとんどで、本当に美味しそうなのですよ。
そして閑話として、女神サイドの話や、勇者召喚された3人の近況が語られています。3人は男1人、女2人の高校生で、元の世界でも結構モテていた美男子と美少女。ムコーダと違い、国王達の話をすっかり信じて進んで協力しています。今のところは全く不穏な気配はありませんが、既にこの国は1巻で魔族の領土や近隣諸国に侵攻しようとしていることが判明しているので、これから都合の良い手駒として利用されていくだろうことが予想されます。何だかんだでほのぼのと異世界ライフを送っているムコーダとは対照的ですね。
書籍版の特典として、『小説家になろう』には公開されていない書き下ろし番外編が巻末に掲載されています。本人の望む平穏無事な生活からは明らかに遠ざかっていってるのに、のんびりとした空気を漂わせているムコーダと食いしん坊な従魔たちとのやり取りが楽しく、極上の美貌と力を持っているのに、欲望まみれの残念キャラと化している女神様達など魅力的なキャラも多く登場するライトノベル『とんでもスキルで異世界放浪メシ』。一度手に取ってみてはいかがでしょうか。