読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

感想・書評「under the bridge・堂場瞬一・著」ネタバレ注意「over the edge」の続編です(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「under the bridge」 堂場瞬一・著

堂場瞬一さんの「over the edge」の続編です。
ニューヨーク市警のエリート警官モーリス・ブラウンと、元警視庁刑事で現在は探偵をしている濱崎が共に事件の真相に迫るストーリーです。前作は東京が舞台でしたが、その後逃げるようにニューヨークにやってきた濱崎が、偶然にもまたブラウンと出会ってしまうという展開がワクワクしました。
相変わらず頭が固すぎるブラウンの真面目さには、とても好感が持てます。一方の濱崎は元警察官とは思えないほど危険を察知する能力が欠如していて、無鉄砲にどんどん事件に首を突っ込むのでハラハラさせられます。全く気の合わない二人は何度もケンカになり、仲良くイクラ丼を食べたあと口論になって怒った濱崎が、支払いをしないまま立ち去ってしまったエピソードには思わず笑ってしまいました。
ブラウンが、今時の日本人は使わないような難しい日本語を多用していたのも興味深かったです。事件のオチは少しあっけないようにも感じましたが、ブラウンの部下二人のキャラクターもいい味を出していて、シリーズ化してほしいと思える作品でした。