ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

アドリブ店長R3巻第6話「小早川からの挑戦状・改」(あかつきけいいち)感想&あらすじ・設定キーを持ち出したまま行方不明になった…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

設定キーを持ち出したまま行方不明になった小早川ですが、この展開に関してはどの様になってくるかが見応え感はあるものです。

面白いところ。

店内ではお祭り騒ぎにもなっているのは何とも言えない展開にもなってくるものです。ですが、小早川店長から最後に言われた一言に関してはある意味驚くものでした。

好きなところ。

ホールでのお祭り騒ぎに関してはこのご時世はなかなか無いものです。ですが、打ち手にしてみればありがたいかと思うのです。心理戦にもよるのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

小早川店長、倫子、マサル、タンパク、主任

好きなエピソード。

最終的には小早川店長の狙い通りになってくるものですが、それを知らないで動いている店員もある意味辛いのではないかと感じるものでした。

おすすめ。

主任の憐れな姿は今となっては定番にもなってきているのではないかと感じるものでした。思わず応援してしまうのです。

作品に関する思い出。

この小早川店長の「ロマン」とは何だろうと何時もながら感じるばかりでもあるものです。

作者に関して。

久しぶりに登場した店員もいるのは一安心にも繋がったのではないかと思います。ですが、この話に登場するクイズはかなり満足感にもなってくるものです。

その他。

今回は初めから妙な展開にもなってくるものです。店内の雰囲気を察した倫子は人助けするものです。