読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

プレイボール3巻(著者:ちばあきお)感想ネタバレ注意!あらすじ・墨谷高校VS東実の対戦の4回表の東実の攻撃で谷口君が登板…。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

本のタイトル:プレイボール 第3巻 著者:ちばあきお 一言感想:シード校東実も大苦戦!谷口熱投!

このプレイボールは高校野球漫画です。この3巻は墨谷高校VS東実の対戦の4回表の東実の攻撃で谷口君が登板したところから始まります。フォークボールを連投する谷口君の好投で東実も抑えられていきます。一方墨谷高校の攻撃は東実のエース中尾君を回を重ねるごとに徐々にとらえていきます。

8回までを終わって2-5と東実に対して3点差まで追い上げます。しかし、9回表の東実の攻撃で1点を追加されると墨谷高校のキャプテン田所はバテバテになっている谷口君がつぶれないようにと自らが登板します。しかし東実相手に通用するはずもなくあと6点追加され、結局9回表だけで7点取られて12-2となってしまいます。しかし徐々に東実のエース中尾君をとらえていた墨谷高校打線は4点を返し谷口君が打席に入ったところでこの3巻は終了します。この3巻ではほかの墨谷高校ナインが東実のエース中尾君をつるべ打ちにするなど谷口君に刺激された活躍がたくさん見られる展開となっています。