読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

Happy(ハッピー)!第1巻SET6話「戻ってきたんだな!!」(浦沢直樹)感想&あらすじ・圭一郎から幸に関する事を教えようとする中で唄子の…ネタバレ注意。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

主役級のメンバーは集まった中での今後の展開を握るカギにもなってくるのではないかと感じるものでした。

面白いところ。

圭一郎から幸に関する事を教えようとする中で唄子の登場には凄いとしか言えないものでした。まさに圧巻と言うものです。

好きなところ。

ここで幸の過去について知る事にもなったのですが、この内容は「えっ!!」と感じるものでした。この強さがあると納得される部分もあるものでした。

好きなキャラ。

海野幸、桜田純二、賀来菊子、鳳圭一郎

好きなエピソード。

犬の「ジョン・トラボルタ」が追っかける展開は幸を襲うとしないのは素直な感覚にもなっている様に感じるものです。それに、動物は素直な感覚を持つものです。

おすすめ。

唄子と会う事になった幸でもあるのですが、一瞬にして嫌われた事で今後の展開にも変わって来るものではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

この後の展開に読者は気持ちが焦るのではないかと感じるものです。それに、幸と唄子の対面は最初の話から嫌われている様な感覚にもなるものです。

作者に関して。

桜田達の登場はその内容に合わせているのも納得出来るのですが、逆に「常識が無い」と言うのも実際に感じるものでした。

その他。

唄子の登場方法は唖然とするばかりな感覚にもなってくるものでした。ですが、この人物こそテニス界の重鎮とも言われるものです。