読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ28巻第8話「任せてくれ」(藤巻忠俊)感想&あらすじ・伊月は葉山の実力を目の前にて怯むかと思うのですが逆に燃え…ネタバレ注意。#マンガ

寄稿 ジャンプコミックス 黒子のバスケ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

五将の実力は圧巻にもなってくるものです。やはりこの差は凄いものです。

面白いところ。

伊月は葉山の実力を目の前にて怯むかと思うのですが逆に燃え上ってくるのも納得するものでした。それに、この葉山を止めない事には何とも言えない展開にもなってくるものです。

好きなところ。

ですが、この葉山の実力を読者から見れば誠凛の特技にも似ている様な感覚にもなってくるものです。このまま下がってくるとは限らないものです。

好きなキャラ。

黒子テツヤ、火神大河、木吉鉄平、葉山小太郎

好きなエピソード。

すっかりやる気を起こした伊月でもあるのです。それに、火神の影響も多少なりと出てくるのも納得出来るものです。

おすすめ。

黒子の復活を機に洛山はすっかり士気が下がって来るようにも感じるものです。ですが、逆に燃え上ってくる葉山は凄く威圧感にも感じるものです。

作品に関する思い出。

伊月は先に読んで常に行動するものです。それに、めげない展開にも納得出来るものです。この後に続く展開も魅力的になってくるものです。

作者に関して。

実力伯仲の試合展開にもなってくるものです。ですが、それに負けない火神の「ゾーン」も圧巻に感じるものです。

その他。

葉山はドライブのテクニックについてはかなり圧巻にもなってくるものです。それに、このテクニックについては魅力感にもあるものです。