読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技・瑞穂対本牧東]SCENE62「Mentality」(八神ひろき )感想&あらすじ・哀川とのマッチアップで保科はファールを重ねてしまうのです…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マンガ 少年マガジン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

接戦になればなるほど緊張感や心理状態がかなり左右されるものではないかと感じる場面にもなってくるものです。果たして展開は変わって来るか!

面白いところ。

哀川とのマッチアップで保科はファールを重ねてしまうのです。その影響で心理状態にもかなりイラついてしまっているのですが、このままシュートの決定率まで下がるとは予想だにしないものです。

好きなところ。

保科の状況が悪い中でも試合は進行していくのです。それに逆行して瑞穂は練習の成果を出しているのは好印象にもなってくるものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、保科唯斗、藤沢守

好きなエピソード。

保科が4つ目のファールをした時の藤沢のカバーはチームの事を考えればこそと感じるものですが、展開としては何とも言えない感覚にもなってくるものです。

おすすめ。

ピンチの中でもそりこみは逆転のシナリオを考えているのはある意味凄いと感じるばかりでもあるものです。普通ならばなかなかここまで考える方はいないものではないかと思います。

作品に関する思い出。

接戦になると重要な場面には必ずついてくるのは納得出来るものではないかと感じるものです。

作者に関して。

大事な場面になれば事の重要性が分かって来るものではないかと思います。このまま進んでいくかが面白味に増してくるものではないかと感じるものです。

その他。

この話しではメンバーチェンジする所で話が終わるのですがこのまま終わってしまうのかが今後の展開にも期待する場面ではないかと思います。