読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「天空の蜂」評価・原発への賛否を問う作品ではなく、人間の矛盾や葛藤を描いた作品…(ネタバレ注意)。 #MOVIE


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

天空の蜂は原発への賛否を問う作品ではなく、人間の矛盾や葛藤を描いた作品。

東野圭吾原作の「天空の蜂」。原作小説は1995年に発売されたそうですが、こんなにも現在の日本情勢にあった作品があるだろうか?と思いました。
国内最新、最先端の技術を用いて作られ、稼働を始めたばかりの原発が舞台です。
自衛隊へ納品する予定だったヘリコプターも題材として使われているので、冒頭では「原発や兵器の問題に一石を投じる作品なのかな?」と思っていました。
冒頭では家族に関する問題も持ち上がっており、最後はハートフルな終わりを迎えるのだろうか、とも予想しました。
冒頭から中盤にかけては原発や無線に関する専門用語や理論、社会情勢や政治に関する話題が飛び回り、さすが東野圭吾・堤幸彦作品、と感じます。
何も考えずに見ることのできる分かりやすい作品ではありませんが、否応無しに作品に引きずり込まれました。
中盤から終盤にかけては、予想外の展開が続きます。
様々な人の想いや、憎しみ、葛藤が入り交じって作品は展開していきますが、それでも悪になりきれない人間の哀しさを目の当たりにしたような気がします。
見終わった後は心地よい脳の疲れを感じられます。自分の生き方を問われる作品だと感じました。

ありがとう寄稿。

徹が自分と子供の誕生日を祝うから付くってくれと強引に頼んで、ケーキの上に魔女人形を載せたのは徹だと知ります。

まれ26週(最終週)「希空ウェディングケーキ」152話/ドラマ感想&あらすじ・コンクール会場で希は、大悟も出場することを知ります(ネタバレ注意)。 #DRAMA - みんなの恋愛ブログ。