読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

気分はグルービー/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・バンドに青春を掲げた高校生たちのそれぞれの門出は感動的です…。 #漫画

寄稿 少年マンガ 最終回感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

気分はグルービー 古臭さはあるものの、バンドに青春を掲げた高校生たちのそれぞれの門出は感動的です。

高校生たちがバンドを通して青春を謳歌する至って真面目なストーリーです。
高校生にしては正直老けている気もしますが、音楽をとうして学生たちが理解し合い、恋をしていく姿はとても眩しいものです。
物語はバンドのメンバーである女の子が、ドラムを叩いている男子学生に声を掛けて、自身が所属するバンドに誘うところから始まります。
主人公のドラマーは誘われるまま、他のメンバーの前で演奏するも、しっくりとこない様子。
主人公の成長過程は最終話の決断にも生きてきますが、何度か壁を経験していきます。
最初の壁がバンド加入時の演奏です。
バンドメンバーは誘った女性に「これの何処がいいんの」と言いたげに接します。
彼女自身も以前聞いた演奏とは違うことに引っかかりを覚え、主人公のドラマーはもがきながら最終的にはみんなを認めさせ、メンバーに加わることとなる。
その後も音楽と正面から向き合おうとしないメンバーとリーダーの確執(リーダーの思いを感じてより真剣に音楽に取り込むようになる)、ドラマーの主人公とバンドに引き入れた女の子との恋、そしてその女の子の初恋の相手との出会いが主人公の方向性を左右することになる。
最初は彼女がまだその男のことを隙じゃないかと疑い、敵対はしていたが、過去にメジャーデビューを果たし、でも今ではヒモのような生活をしている男が許せなかった。
しかし彼の仕事であるキャバレーのバックバンドのバイトを手伝った時に、男の音楽は本物だったことに気がつかされて一緒にバイトをしたギターと三人でバンドを組むことになり、それぞれがバラバラな人生を歩みだすところで物語は終わります。
音楽を通して成長していく姿を、丁寧に描いた作品だと思います。

ありがとう寄稿。

最終回、ガルガンティアを襲うクーゲルの乗ったストライカーとの戦いで、このままレドが戦いを続ければ死んでしまうというところで、レドの本当の想いを聞いたチェインバー。生き方を一緒に探してくれた、エイミーを始めとするガルガンティアの仲間達。

翠星のガルガンティア/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・レドが戦いを続ければ死んでしまうというところで…。 #ANIME - ナカノ実験室

誰もが光介の手術を見ると憧れにもなってくるのがかなり納得してしまうものです。ですがその後のやり方にはかなり疑問にもなってくるものです。

ゴッドハンド輝11巻特別番外編「光の奇跡」vol2神の手術(山本航暉)感想&あらすじ・四瑛会では光介の獲得を動こうとするのです…ネタバレ注意。 #マンガ - ナカノ実験室