読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

感想・書評「三日間の幸福:三秋縋」ネタバレ注意・元は2ちゃんねるで、げんふうけいというユーザーが投稿した「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で」というスレッド(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「三日間の幸福」 (三秋縋) 読むと価値観が変わる小説。

三日間の幸福という小説は、元は2ちゃんねるで、げんふうけいというユーザーが投稿した「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で」というスレッドでした。2ちゃんねるに投稿されたと聞いて読むことを躊躇う方も多いと思いますが、私はこの小説が、今まで読んできた小説の中で一番だと思います。

あらすじ: 未来を悲観した主人公が、古本屋の店主からある店を紹介される。 そこは、時間、健康、そして寿命を売る事ができる店だった。主人公は寿命を売ろうと彼の人生の価値を査定してもらったところ、その価値が、一年につき一万円だけだったと知らされる。それでも彼は人生の残りの三ヶ月を残し、人生の大半を売ってしまった。
残りの人生をどう生きようかと考えていると、彼の元に現れたのは一人の女性。ミヤギと名乗る彼女は、主人公の「監視役」だといい、彼が死ぬ三日前までの間、すべてを投げ捨て犯罪を犯さないか常に行動を共にする事になってしまった。

私はこの小説を読んで、とても感動しました。ただ泣けるだけの話ではなく、読みやすく、何故か引き込まれる独特の雰囲気がある小説です。
軽い気持ちで読み始めた小説でしたが、今では、毎日読み返すまで夢中になってます(笑)。

ありがとう寄稿。

薬師として働くコレットは、とにかく忙しすぎて休む暇がありません。疲れ切って井戸に飛び込んでしまったコレット。たどり着いた先は冥府で、コレットは冥王ハデス様の薬師になったのでした。地上と冥府を行き来しながら仕事に励むコレットの奮闘ぶりや、ハデス様と交流を深めていく様子を描いた少女マンガです。

コレットは死ぬことにした・マンガ最終回・結末予想ネタバレ注意!ハデス様が結ばれるハッピーエンドになってほしい。 - ジャンプ部屋ブログ