読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

キャプテン9巻(著者:ちばあきお)感想ネタバレ注意!あらすじ・墨谷2中全国大会1回戦、まさかの敗退? #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

本のタイトル:キャプテン 第9巻 著者:ちばあきお 一言感想:墨谷2中全国大会1回戦、まさかの敗退?

このキャプテンというのは野球漫画です。イガラシキャプテンの元で全国大会行きを決めた墨谷2中がOBである丸井のいる朝日高校と練習試合を行い見事に高校生相手に勝ってしまう描写が前半で描かれています。後半は全国大会の1回戦、対白新中戦が描かれています。

白新中の軟投派のエース遠藤のスローボールに大苦戦する墨谷2中。7回までを終わって3対0。もはや勝負あったか?と思わせますが、この7回裏の白新中の攻撃時にキャプテンイガラシが投げるのですがここでイガラシはスローボールを白新中打線がどうやって打つかを観察し自分たちのバッティングに生かしていこうとします。白新中打線のミート打法を取り入れた墨谷2中打線は大爆発。結局は18対3という大差で勝つのですが、やはり驚くべきはキャプテンイガラシの失点を覚悟してまでバッティングフォームを観察しようとしたその姿勢でしょう。現実的にはフォームを見たからと言って必ず打てるとは思いませんが、切れ者のキャプテンという評判のイガラシ君の頭の良さを表すには十分な描写だったと思います。