読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

緋弾のアリア24巻/感想ネタバレ注意!あらすじ・イタリアの武偵校に入学するためにかの国にやってきたキンジが…。 #COMIC

寄稿 読書感想 小説感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「被弾のアリア 24 狂逸の同窓会」赤松中学著、イタリアでの日常編といった感じ

 「被弾のアリア」シリーズも24巻となり、もうほとんど「被弾のアリア」ではなくなってきました。つまり、シリーズ当初は主役であったアリアが、このあたりの巻では、もうほとんど登場しなくなっているのです。この24巻での登場シーンは、ページ数でいえば、たぶん1割もないんじゃないでしょうか。
 しかしアリアが登場しないからつまらないか、というと、そんなことはないのです。今はもうキンジが主役といっていいでしょう。このキンジがさまざまな事件に巻きこまれ、そのなかで、美少女に囲まれ、からまれ、絶体絶命の危機を脱出していくという展開が多くなっています。つまりは、007的な世界ですね。
 ただ、24巻は少しおとなしいお話です。
 イタリアの武偵校に入学するためにかの国にやってきたキンジが、またまた美少女と縁を持ち、好かれる、という、いつものうらやましい展開です。特に大きな事件は起きず、イタリアでの日常生活がたんねんに描かれています。イタリアの観光案内の書にもなっています。
 このシリーズを読んだことのない人が、この巻だけを読むというのには賛成しかねます。
 シリーズを読んできた人なら、興味があれば読んで損はしないでしょう。