読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

烈火の炎/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・天堂地獄を手に入れた森光蘭を倒すために…。 #漫画

寄稿 少年サンデー 少年マンガ 最終回感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

烈火の炎最終回の感想等(漫画)

この漫画は、忍者に憧れる高校生の花菱烈火という男子が主人公で、この烈火という少年は他の人はもっていない力をもっていました。それは、自分の手から炎を出すことができるという力です(炎術師)。

この少年が佐古下柳という治癒の力をもった少女と出会うことから物語は始まり、烈火の友人の霧島風子、石島土門、以前烈火と闘って仲間になった水鏡凍季也、と共にまずはさらわれた佐古下柳を救い出しに影法師から教えられたとある館に行き、魔道具という不思議な力をもった道具を持った敵と戦いながら(土門と風子は以前に影法師から風神と土星の環という魔道具をもらっていた)柳の捕まっているところにたどりつくが、烈火と同じ炎術師の力を持つ紅麗と対決するが〝紅〟の力の前になすすべなく倒れ、烈火が影法師に言われ手甲を外すと烈火の中に眠る炎〝八竜〟が目覚めなんとかその場は勝つことができ、その後、紅麗から裏武闘殺陣に招待され、裏武闘殺陣の出場を決意し、紅麗との死闘の末なんとか勝つことができたが、その後、紅麗の義父〝森光蘭〟率いる裏(うら)麗(うるは)に襲撃され手傷を負うことになる。
 光蘭は最凶の魔道具〝天堂地獄〟を手に入れるために邪魔なものを排除しようとしたのである。
 そして、天堂地獄を手に入れた森光蘭を倒すために烈火達はまた戦場へ向かい、天堂地獄を破壊するために闘って、あと一歩まで追いつめたと思ったら、天堂地獄と融合した森光蘭が不老不死になるために柳を取り込もうとして殺してしまったのだ。
 そこで、烈火は決断を迫られて、柳を救うには烈神を召喚するしかないと七番目の竜虚空に言われ、烈火は烈神の力を問い、烈神の力とは死んだ者の魂を炎にすることだと聞き悩み、烈神を召喚することにしたのだ。
 そして、柳は烈神の力によって癒しの炎になり、天堂地獄は破壊され、魔道具や炎達の思いも解放されて最後に柳は蘇り、ハッピーエンドでした。

ありがとう寄稿。

ご主人が居ながらも、次々と男性と関係を重ねていく石田ゆり子は、清純派から大人の女への脱皮を遂げたドラマだと思います。

不機嫌な果実/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・元サヤに戻らない石田ゆり子が魅力的…。 #テレビドラマ - みんなのブログ。

このタイトルに関してはかなり共感を呼ぶ内容にもなってくるものです。なかなか見ててもかなり笑ってしまう展開にもなるのではないかと思うものです。

はぐはぐ【なかよし家族編】その14「優劣の掟」(こなみかなた)感想&あらすじ・終盤ではチャウが一番良い所を取ろうとするのです…ネタバレ注意。 #マンガ - みんなのブログ。