読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

感想レビュー「Click:もし昨日が選べたら」主演はアダム・サンドラーです・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

寄稿 映画感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「Click」自分の生き方について考えさせられる映画

Click(洋画のタイトル)、「もし昨日が選べたら」(邦画のタイトル)は2006年に放映された映画です。主演はアダム・サンドラーです。せわしい日常生活を過ごす中で、なんのために仕事をしてるのか、生きることに不安を感じたときに観てほしい作品です。アダム・サンドラーは奥さん(とってもきれいでスタイル抜群)、息子、娘、を持つ建築家です。

この説明だけを聞くと彼は文句のつけようのないくらい良い人生を送っているように感じますが、仕事の忙しさに追われ家族の大切さを忘れかけていました。奥さんとケンカしたその夜、彼はある店に行き、あるものをもらいました。それはリモコン。このリモコンは不思議な力を持っています。テレビのリモコンと同じように、音量の調節、早送り、巻き戻し、スキップ、コントラスの設定、言語の設定、停止の作業ができます。でも、テレビにではなく、自分の人生にです。このリモコンを手にした主人公は、自分のいやなこと、奥さんとのケンカ、などをスキップしていきます。スキップ、スキップ、でも人生はおかしな方向に転んでいくばかり。このリモコンを使ってしまった彼の人生はどうなってしまうのでしょうか。

ありがとう寄稿。

虐待を受けていた男の子を特別養子縁組をして引き取る夫婦の物語ですが、前話で男の子から親として認めてもらえた二人がこれから「どういう子に育てていきたいか」という、どこの家庭でも直面する問題と向き合っていくというストーリーへと展開してきたところでした。

はじめまして、愛しています6話/テレビ感想&あらすじネタバレ注意どういう子に育てていきたいか」という、どこの家庭でも直面する問題と向き合っていくというストーリーへと展開。 #TV | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。