読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

同居人はひざ、時々頭のうえ 1巻(みなつき/原作・二ツ屋あす/作画)感想ネタバレ注意!あらすじ・ミステリー作家・朏 素晴(みかづき すばる)のもとに猫がやって来て…。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

同居人はひざ、時々頭のうえ 1巻  みなつき/原作  二ツ屋あす/作画  猫がとにかく可愛い。

書店で見かけて、思わず買ってしまった……だって、猫が可愛いのですよ。特に裏表紙の、キャットフードの袋に頭を突っ込んでがふがふやっている絵が。
もともと猫が好きで、でも飼ったことはなくて。憧れの気持ちもあって、猫の出てくる漫画を結構探っているのですが、これは当たりでした。

設定は、両親が他界して一人になった、他人が苦手なミステリー作家・朏 素晴(みかづき すばる)のもとに猫がやって来て、一人と一匹で暮らす、という、結構ありがちなものだと思うのですが、同じシチュエイションで、主人公目線と猫目線の両方が描かれているのが面白くておすすめです。主人公に見えていることと、猫に見えていることが違う。主人公は別に猫が好きで飼い始めたわけではないから、猫のことをそんなに知っているというわけではないし、猫も野良時代が長かったから、別に懐こうとしているわけでもなく。それでも、すれ違いもありながら結構上手くやっているところが、羨ましくもあり羨ましくもあり……羨ましい(笑)編集の河瀬さんもいい味出してます。こちらは猫好きで、でもやっぱりすれ違っているのがおかしいです。
あと、猫の表情。普段の鋭い目つきと、ご飯を前にしたぎんぎんの目つきと、ご飯をもらえると思った時のにっこり目つき。それらのギャップがキュート。
猫と人の関係も、猫の考えも、リアルすぎずかけ離れすぎず、漫画としてきれいにまとまっているんじゃないかな、と思います。
ペットショップの女の子が出てきて、あわーい恋の展開もあるかもしれないし、素晴のいとこだという青年も出てきたりして、2巻が気になります。もう出ているみたいなので、書店に行ってみようかな。

ありがとう寄稿。

この日のゲストは、現在ドイツでプレーし日本代表の主将を務める長谷部誠選手でした。いつもは徹子の部屋などは見ることはありませんが、私がサッカーをやっていることもあり、長谷部さんのことが知りたく見ることにしました。

徹子の部屋 2016年8月30日放送/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・ゲストは、現在ドイツでプレーし日本代表の主将を務める長谷部誠選手でした。 #TV | 大人がおすすめる漫画日記。