読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

キャプテン13巻(著者:ちばあきお)感想ネタバレ注意!あらすじ・墨谷2中は前年度覇者の和合中学と小雨振る中で戦います…。 #COMIC

ジャンプ感想 ジャンプコミックス 寄稿 少年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

本のタイトル:キャプテン 第13巻 著者:ちばあきお 一言感想:墨谷2中いよいよ決勝戦だ!

このキャプテンというのは中学生の野球漫画です。全国大会の決勝戦にコマを進めた墨谷2中は前年度覇者の和合中学と小雨振る中で戦います。この13巻は8回表に2点を先制された後の8回裏の墨谷2中の攻撃から描かれています。

この攻撃で1点を返した墨谷2中ですが、9回表に1点取られて3-1と苦しい展開になります。9回裏の墨谷2中は先頭打者の9番イガラシ慎二が倒れて1アウトになります。しかしここから1番曽根が内野安打、2番牧野が倒れて2アウトとなるものの、3番久保がライトオーバーの3塁打でまず1点返します。4番イガラシがレフトオーバーの2塁打でついに同点に追いつきます。続く5番近藤が3塁戦を破るヒットでセカンドからイガラシが帰ってサヨナラ勝ちを収めます。墨谷2中の底力をまざまざと見せつける結果となりました。この13巻はこの決勝戦の後にイガラシ達3年生が卒業後キャプテンになった近藤君の活躍を描いていますが、前キャプテンのイガラシと違って慎重に新入生の可能性を見極める近藤君の采配が新しい墨谷2中の野球部を作ってくれそうで楽しみになる展開でした。