読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

打ち切り!?邪馬台幻想記/漫画感想・2巻にあたる部分の駆け足感と、謎を棚上げにせざるを得ない状態に…ネタバレ注意。

寄稿 打ち切り作品

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

寄稿頂きました。

邪馬台幻想記という作品

少し前の作品になりますが邪馬台幻想記という作品がありました。作者はBLACK CATなどを描かれている矢吹健太朗先生です。
この作品は少し影のある主人公と天真爛漫なヒロインが交流し、目的を目指し進むという少年マンガの王道を踏襲している面が色濃い作品です。あとはアクションが…主人公が大剣で立ち回る様はなんとも豪快で見せ場ではないかなと思います。

ジャンプでよくある、初期での打ち切りの憂目にあった作品なのですが…2巻にあたる部分の駆け足感と、謎を棚上げにせざるを得ない状態に大変悲しく切ない想いがしたのは今でもよく覚えています。
BLACK CAT以降で文庫サイズコミックになっているだけ、まだ良いのかも知れませんが…展開は変わりないですからね…読んでる方も(恐らく矢吹先生も?)不完全燃焼なことこの上なかったとしか…。