読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技・瑞穂対本牧東]SCENE64「Don’tstop」(八神ひろき)感想&あらすじ・退場してしまった藤原ですが諦めていない展開にある意味驚く…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

試合の終盤に差し掛かろうとするのです。このまま瑞穂は負けてしまうのかが見物です。4人で試合は出来るのか!!

面白いところ。

退場してしまった藤原ですが諦めていない展開にある意味驚くものです。哀川の意気込みも大事な場面となる事で変わってくるものです。

好きなところ。

チーム内では藤原の退場で意気消沈にもなってくるものですが、ただ一人哀川の奮起が検討されてくるものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、保科唯斗、藤沢守

好きなエピソード。

哀川はチームの為に孤軍奮闘するのです。思わず応援したくもなってくるものです。最後まで諦めない事の重要性が身に染みてくるものです。

おすすめ。

ダブルチームを振り切った哀川の底力は何とも言えない展開にもなってくるものです。チームメイトとしては頼ってしまう事にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

「勝利」の想いがひしひしと伝わって来る展開にもなってくるものです。果たして瑞穂は逃げ切れるのかも見物です。

作者に関して。

記者の奥寺が高々と笑っているのは傍から見たらマイナスの印象にもなってくるものです。選手のひた向きさを知らないと怒りにも感じるものです。

その他。

ファールアウトしてしまった藤原ですがこのまま瑞穂は負けてしまうのかが見物でもあるものです。哀川の力はどこから来るのかも見物です。