読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ第20巻第173話「やめとけよ」藤巻忠俊・感想&あらすじ・キセキの世代の技の「完全模倣」は黄瀬のバスケセンスだからこそ成し得た技!ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

黄瀬涼太の勝利への執念!!

面白いところ。

灰崎祥吾擁する福田総合学園とキセキの世代・黄瀬涼太を擁する海常高校との1戦は灰崎の圧倒的な圧力で海常高校を抑え込んでいたが、土壇場追い込まれた場面での黒子テツヤのエールにより、黄瀬が持てる能力を遂に開放!キセキの世代のメンバーの模倣を完成させた黄瀬にとって灰崎は最早敵では無かった!!技術以上に気持ちで灰崎に勝った黄瀬は約束の場所「セミファイナル」にコマを進める!!

好きなところ。

キセキの世代の技の「完全模倣」は黄瀬のバスケセンスだからこそ成し得た技!そして一気に巻き返して逆転する様が痛快です!

好きなキャラ。

黄瀬涼太・・・今回で今までの過去の清算が終了した感じですよね!

好きなエピソード。

試合が終わった後にさり気なく場の空気を読んで黄瀬への復讐を図ろうとする灰崎を止めに行ったキセキの世代・青峰大輝がカッコ良いです!なんか桐皇VS誠凛が終わった後も結構重要なキーパーソンとしてちょくちょく出てくる青峰(笑)黄瀬と黒子に対しての友情も見て取れます。にしても!灰崎をパンチ1発でのしてしまう青峰って!!やり方はどうあれ、これで安心してセミファイナルの誠凛高校VS海常高校が行われる訳ですから青峰様様ですな(笑)

おすすめ。

黄瀬もこれで過去を振り切りました!セミファイナルは心ゆくまで戦ってほしいですね!この1戦は期待大ですよ!

その他。

にしても青峰・・・活躍しますね(笑)