読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

不動4巻第2話「慟哭」感想&あらすじ・王は麗華に対して銃を向けてしまうのです…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 青年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

原作 天王寺大 劇画 渡辺みちお

一言感想

不動にとっては「鬼」となる出来事にもなってしまうのです。やはり大切な人物が奪われると豹変してしまうのもかなり見所にもなってくるものです。

面白いところ。

王は麗華に対して銃を向けてしまうのです。その時に言い放った言葉は冷酷にも感じるものですし、兄妹にも亀裂が入ってしまうのも分かるものです。

好きなところ。

麗華を好きになっていた不動は悲しみに暮れようとするものです。撃たれた事で悲しみにも浸ってしまうのも共感出来るものです。

好きなキャラ。

岸和田不動、麗華

好きなエピソード。

麗華を撃ってしまった事でふらつきながら部屋を出てしまうのです。この行動に関してどの様な展開になってしまっているのかがかなり注目する内容にもなる。

おすすめ。

傷つきながらも王を追い詰めた不動でもあるのですがこの時に言い放った言葉に関しては亡くなった方を思えると分かり合えるのではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

麗華はこれで終われると思って庇ったのです。この思いに気づく不動でもあるのですがこの気持ちに答えるのがかなり見所にもなってくるものです。

作者に関して。

この後には決着が付くのかかなり見物でもある。

その他。

人間不信になってしまっていた麗華でもあったのですが逆に不動との出会いを通じて「信じる」と言い放つのです。結果的には悲劇にもなってしまうのが何とも言えないものです。

ありがとう寄稿。

毎日の食事の支度は時に面倒なものです、ましてや仕事をしていると疲れてきて帰ったら食事の支度もしたくない!と思う事もあるのは正直な気持ち。

ずぼら料理「簡単キムチ炒め」レシピ・作り方:材料(食材は3点のみ、豚肉の切落とし、もやし、キムチ)。 | みんなのレシピ・お料理ブログ。