読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ドラえもん (感動編)感想ネタバレ注意!あらすじ・第2話のぞうとおじさんでは、戦時中の動物園での悲しいできごと…。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ドラえもん (感動編) (小学館コロコロ文庫)

今さらながらドラえもん感動編を購入しました。小学生のこどもがテレビで毎週みていること、漫画を読むことに興味が出てきたからです。感動編というだけあって、どれもじーんとくるものばかりが集めてあります。こどもに与えても何ら問題ないものばかりで安心して読ませることができるのもいいところです。
第2話のぞうとおじさんでは、戦時中の動物園での悲しいできごともドラえもんとのびたによって不思議かつ感動の話に変わります。第8話のドロン葉では虐待を受けるペットと飼い主の少年の何とも言えないホロリとくるお話。
なかでも、やっぱり不動の感動作は、第5話のさようなら、ドラえもんです。未来へ帰らないといけないドラえもんに心配をかけまいとジャイアンに立ち向かい自立をこころみるのび太の物語。なかなか帰ってこないのび太を未来に帰る前日まで心配するドラえもん、ドラえもんとのび太の友情がぎゅっとつまっていてやはり一番好きなお話です。これからも子どもと一緒に読みたい漫画ナンバーワンです。

ありがとう寄稿。

宮部みゆきさんの現代ミステリー、杉村三郎シリーズの第4弾となる短編集です。

前作「ペテロの葬列」のラストで妻の不倫によって杉村の結婚が破たんするという衝撃の展開に驚きすぎて、そのショックから実はまだ立ち直れていない状態でこの本を手に取りました。

感想・書評「希望荘:宮部みゆき・杉村三郎シリーズ第4弾」ネタバレ注意・前作「ペテロの葬列」のラストで妻の不倫によって杉村の結婚が破たん(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。