読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技瑞穂対本牧東]SCENE66「Wanna be strong」(八神ひろき)感想&あらすじ・最期の結末には何とも言えない形であるものです…ネタバレ注意。#マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

最期の結末には何とも言えない形であるものです。そこから新たな目標が出来るものです。

面白いところ。

ブザービーターで試合が決まって本牧陣営はかなり喜びに満ち溢れているものです。ですが、展開にはかなり差がはっきりとするものでした。

好きなところ。

試合には負けたが決して悪い試合内容ではないかと感じるものです。瑞穂もまだまだ成長出来るチームでもある様にも感じるものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、保科唯斗、藤沢守、氷室恭子

好きなエピソード。

杏崎が本牧メンバーに再度試合申込みで勝つ様に説得するものです。それにお互いに意気込みに関しても納得出来るものです。

おすすめ。

5人で準優勝する事が出来たのは嬉しい限りでもあるのですがここから先に進むには「6人目」が必要不可欠にもなってくるものかがカギにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

最期の哀川が悔やんでいる姿は決して見せない姿については感動的にもなってくるものです。スーパースターでも分かるものです。

作者に関して。

ライバルに関してはこの哀川の姿を見て必ず勝ちたいと思う決意も変わらないものです。これから楽しみになってくるものです。

その他。

氷室先生は藤原のファールアウトした時点での采配が悔やんでしまうものです。ですが、メンバー達の祝福する姿も感動的にもなってくるものです。