読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

妖怪ウォッチ41話・妖怪キュン太郎他/感想&あらすじ・給食のグルメシリーズ唐揚げから始まりました…ネタバレ注意。 #ANIME

寄稿 アニメ ゲーム

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

10月24日 妖怪ウォッチ 第41話 妖怪キュン太郎他

毎週見ている妖怪ウォッチですが、この日は給食のグルメシリーズ唐揚げから始まりました。子供に大人気の唐揚げはもちろん給食に出るととても嬉しいですよね。主人公のケータはとても大きい唐揚げばかり入れてもらえて大満足だったのですが、最後の一口をスープに落としてしまいます。そんなことで泣いてしまうケータはとても可愛らしいです。

続いては、妖怪キュン太郎です。フミちゃんが悪いことをしては、その後に「許してちょんまげ」と言って可愛い仕草で謝ります。みんなひどいことをされるのですが、先生までもがフミちゃんの可愛さで許してしまいます。ケータは妖怪の仕業だと思い妖怪ウォッチで照らしてみると妖怪キュン太郎がいました。先生にもメガネと叫ぶフミちゃんには、ヒヤヒヤしながら見ていました。

次の妖怪借りパックンでは、ケータに借りたゲームを友達のクマが自分のものにしようとします。おかしいと思い妖怪ウォッチを照らすと妖怪が取り付いていました。ジバニャンから人気を借りパクしたウィスパーが人気者になるなど実力を見せつけます。

しかし、妖怪借りパックンの力でも、ケータのお母さんからお父さんはお小遣いの前借りが出来ずに怒鳴られてしまいます。ありそうな出来事がコミカルに描かれていて、とても面白かったです。