読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ第21巻第181話「差し出そう」藤巻忠俊/)感想&あらすじ・赤司征十郎・・・あくまで冷静!そして圧倒的存在感!ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

赤司征十郎の統率力たるや・・・恐るべし!!

面白いところ。

キセキの世代対決となった赤司征十郎擁する洛山高校VS緑間真太郎擁する秀徳高校の1戦は秀徳高校の緑間と高尾による秘密兵器が炸裂!!淡々と試合を進めていた赤司の表情にも変化が。秀徳高校の度重なる攻撃に浮足立つ洛山高校。そこで主将の赤司がとった目を疑う行動が彼の圧倒的存在感を引き立てます!

好きなキャラ。

赤司征十郎・・・あくまで冷静!そして圧倒的存在感!無冠の五将の3人を従える事が出来るのも納得します!

好きなエピソード。

やっぱり、洛山高校の赤司がとった奇怪な行動ですね。チームが緑間&高尾の秘密兵器で浮足立ったと見るや釘を刺した訳ですけど、そのやり方が常人のそれとは大きく違うのとこの回の「差し出そう」の言葉が出てきたシチュエーションがもう常軌を逸している訳です・・・無茶苦茶言うな~と思う反面、このある種異常な重圧があの存在感に繋がっているとなると、なるほど~と納得せずにはいられない。

おすすめ。

赤司の存在感を今回引き立てているのは間違いなく秀徳高校・緑間真太郎だと思います。勝つ為に形振り構わず、食らい付いていく姿が印象的です!むしろこういう緑間真太郎嫌いじゃないです(笑)緑間も回を追うごとにどんどんチームに対して誠実になって行くところに惹かれますね。