読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

赤司君にあこがれています、女の私も憧れる…黒子のバスケ/感想&あらすじ(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ただの青春漫画ではない!「黒子のバスケ」

 私は最近「黒子のバスケ」を久々に読みました。もとは一巻から読んでいたのですが、しばらく読んでおらず、この前友達から借りて読みました。そんなに長い期間あけていた気はなかったのですが、知らないうちに話が急展開していて驚きました。私はこの漫画の中で赤司君にあこがれています。

それは、彼が何でもこなせる天才児だからではなく、彼の表情の裏にある人を寄せ付けない雰囲気がとても魅力的だからです。冷静沈着であるだけでなく、個性豊かすぎるキセキの世代のキャプテンを求めあげたその統率力は、女の私も憧れる部分が多々あります。
 黒子のバスケは、題名の通りバスケの話なのですが、キャラクターそれぞれが持つ能力や必殺技は運動音痴の私でさえ「バスケがしたいな」と感じるほどのかっこよさです。また、普通のスポーツ漫画ではなく「勝利とはなにか」「仲間とはなにか」など、青春の色濃い部分も描きつつ深いところまで考えさせてくれる作品だと思います。ただ見て面白いだけではなく、作品が伝えるメッセージも拾いつつ、これから最新刊に手を伸ばそうと思います。