読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA38巻第329話「腹の底」(寺嶋裕二)感想&あらすじ・青道と成孔の試合が始まるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マンガ 少年マガジン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

青道と成孔の試合が始まるのです。この「負けられない」と言う気持ちが痛い位にも分ってくるものです。

面白いところ。

序盤がカギになりそうな展開にもなって来るものではないかと思います。青道は降谷の立ち上がりが良い事で展開も良い感覚にもなってくるものではないかと思います。

好きなところ。

降谷の立ち上がりが課題になってくると思いきや絶好調過ぎて逆に「大丈夫!?」と感じてしまうのではないかと思います。

好きなキャラ。

御幸一也、倉持、沢村

好きなエピソード。

数週間ぶりに古谷はかなり意識が高ぶっているのです。その中で初回の動きがどの様になってくるかかなりワクワクするのです。

おすすめ。

青道バッテリーは薬師が見守っている中で成孔をどの様にしていくのかがカギにもなってくるのですが逆に貫いて行く気持ちもかなりワクワクする事にもなってくる。

作品に関する思い出。

立ち上がりが課題にもなってきた古谷ですが、無事に良い感じにもなって来る事でどの様になるか攻撃に期待感を持つものです。

作者に関して。

バッテリーの好感触を元に攻撃にもかなり良い波に繋がるかがこれからの物語に関して好感触に繋がってくるものです。

その他。

倉持が初打席でスリーベースを打つのですがこの後に関してはどの様になってくるかがカギにもなってくる。それに、成孔がどの様に立ち向かうのかもカギになってくる。