読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

堀さんと宮村くん全10巻(HERO)感想&あらすじ・高校生なのに体中に刺青があるという設定にはびっくりしましたが…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

感想

ある日、怪我をしてしまった弟とその弟を送ってくれた男が家に来ます。その男は同じクラスの宮村伊澄。自宅にきたときの姿は口にもピアスをつけたちょっとダークな感じ漂う青年だったのに、普段はクラスではとっても陰気な男子。主人公は堀京子という高校3年生の成績優秀で明るくてどちらかというと派手めな女の子なのですが、実生活では共働きの両親の代わりにまだ小さい弟の世話をしていて思いっきりすっぴんで生活しています。

その為、彼女のその私生活を見てしまった宮村と学校での姿と全く逆の見た目をもつ彼にお互い少しずつ惹かれていくラブストーリーです。堀が夏風邪をひいたときに付き合い始めるのですが唐突過ぎて逆にすごいリアルです。宮村は高校生なのに体中に刺青があるという設定にはびっくりしましたが、女の子ではないし、本人も気にかけて隠しているようなのでそれもありかなと思います。堀の方は幼い弟の面倒を見ているという設定はよく分かるのですが、娘の青春をつぶしてまでしたい仕事ってなんなんだろうなと思ってしまいます。家庭によって事情は様々でしょうが、その年齢差で産んだのならば最初に生まれた子にみさせるのはどうなのかと思いますし、彼女もそのことで苦悩しているようでそれに気がつかない親って本当に毒だなと感じました。この作品の中では結果的に半同棲みたいな感じでいい雰囲気のまま付き合い始めたようですが、実際に上手くいかなくてこじれたり問題が起こったらどうするんだろうなと思います。